NEWS

GEヘルスケア×ロシュ

 GEヘルスケアとロシュ社は、デジタル診断支援ソリューションの共同開発ならびに共同販売を行うため、長期にわたる戦略的パートナーシップを締結しました。

このパートナーシップでは、まず、がん治療と救命救急医療において患者それぞれに応じた個別化治療の選択肢を改善、加速する製品を提供することに主眼を置いている。

 両社は、高度アナリティクスを活用して臨床判断を支援するワークフローソリューションとアプリケーションを提供するための、業界初のデジタルプラットフォームの開発を目指しています。

これにより生体内外の情報、患者の記録、医療上のベストプラクティス、リアルタイムモニタリング、および最新の研究結果などをシームレスに統合・分析することが可能となります。

その結果、医師は患者に適した治療や質の高いケアを提供するための包括的な意思決定を行えるようになります。

 例えば、複数の専門医からなるがん治療チームにおいては、がん患者のそれぞれのステージの治療判断において、レビュー、協働、調整を行うための包括的データダッシュボードが与えられます。

救命救急医療では、患者の通う病院のモニター装置からのデータがバイオマーカー、細胞病理、遺伝子情報やシーケンシングデータなどと統合され、医師が重篤な合併症の発生を特定したり、予測することを支援するとしています。
3 件