NEWS

ジーンテクノサイエンス×ジーピーシー

株式会社ジーンテクノサイエンスと株式会社ジーピーシー研究所が、バイオ医薬品開発における高産生細胞株の樹立を目的とした委託研究を開始したことを発表しました。


ジーンテクノサイエンスは、足元の経営基盤をより強化する目的で、現在バイオ後続品(バイオシミラー)の開発に力をいれていました。

近年、バイオシミラーの市場環境は、大型の売上高を誇るブロックバスターと呼ばれる先行品の特許切れが続き、大きな市場が形成されることが望める一方で、これらの市場シェアを獲得すべく各企業の研究開発もより活発化しております。

このような状況において、各パイプラインの収益性を高めることを目的にバイオ医薬品の原薬製造量の多寡に直結するタンパク質産生細胞株について、より高産生の細胞株を樹立するべく複数のプロジェクトを進めているとされます。

これらのプロジェクトを通して高産生の細胞株を産み出す基盤技術を確立することが出来れば、現在開発しているバイオシミラーのみならず、すでに研究中のものや、これから研究していくバイオ新薬においても原薬製造の効率化および製造コストの低減が図れるものと期待されます。

株式会社ジーピーシー研究所

株式会社ジーピーシー研究所
今回の委託研究では、既存のバイオシミラーの産生細胞株に複数の高機能化因子を導入することで、さらなる高産生細胞株を構築することが目指されます。

これらの高機能因子は、細胞内ストレスを軽減する因子や、細胞内で生産されたタンパク質を細胞外に効率よく分泌する因子で、これらの因子をバランス良く細胞に導入することで、既存の細胞株のタンパク質分泌機能を向上し、原薬製造の効率化並びに製造コストの低減が期待されます。

今回の委託研究とこれまでに実施してきた株式会社 chromocenter、SOLA Biosciences, LLC社との一連の共同研究プロジェクトは、それぞれ別の技術を用いて高産生細胞株構築を試みており、最終的には各社との研究成果を融合させ、その価値を最大化することが目指されています。

具体的には、細胞株を工場とみなし、遺伝子構成体の最適化により、タンパク質の生産効率を向上し(株式会社 chromocenter)、製造工程における不良品率の軽減を図り(SOLA BioSciences, LLC)、複数の遺伝子発現を制御することにより、製造したタンパク質の細胞外への分泌、即ち、物流の効率化を図ること(ジーピーシー研究所)を技術的な背景としたプロジェクト群となっています。
5 件