NEWS

日本腎臓病協会×田辺三菱製薬

NPO法人日本腎臓病協会と田辺三菱製薬株式会社が、7月10日に、腎臓病克服を目的とした共同事業契約を締結したと発表しました。

日本腎臓病協会が立ち上げた「Kidney Research Initiative-Japan(KRI-J)」というアカデミア、企業および行政等が連携することを目指したプラットフォームを活用し、慢性腎臓病治療におけるSGLT2阻害薬についての基礎研究を公募します。

研究の背景

これまでに報告された慢性腎臓病に関する大規模臨床試験の結果からSGLT2阻害薬の腎保護作用に関してはコンセンサスが得られつつあります。しかし、そのメカニズムは十分に解明されていません。

そのためKRI-Jを活用した、SGLT2阻害薬による腎保護メカニズムの解明を目的に基礎研究を実施する必要がありました。

日本の腎臓病患者数

日本では、生活習慣の変化、高齢化を背景に腎臓病の患者が増加しているとされています。そして、現在、日本には約1,330万人の慢性腎臓病の患者がいると試算されています。

これは、成人の約8人に1人にあたる数です。腎臓病は、脳卒中、心臓病、認知機能障害とも関係しており、国民の健康寿命を損なう要因となっています。

日本腎臓病協会と田辺三菱製薬は、腎臓病の克服には、医療者、行政、企業、市民が連携して、総力を挙げて取り組む必要と考え、今回の協業に至りました。
7 件