NEWS

医療機関向けシリンジポンプが発売開始

テルモ株式会社が、「テルフュージョンシリンジポンプSS型3TCI」(シリンジポンプSS型3TCI)を、5月16日に全国の医療機関に向けて販売開始しました。

希望小売価格は52万円で、2018年度にスマートポンプシリーズ全体で8億円の売上を目指します。

シリンジポンプSS型3TCIは、全身麻酔薬をTCI*1という血液中の薬剤濃度を調節する方法で投与するシステム*2を搭載したシリンジポンプです。

テルモが2001年に発売した「テルフュージョンTCIポンプTE-371」のリニューアル製品にあたり、新しい国際規格に対応すると同時に、使いやすさと安全性に寄与する機能の充実が図られました。

液晶画面は大型でカラー化され、内蔵バッテリーの連続使用時間は約8時間*3と従来比4倍になりました。また、この製品は、2012年からテルモが販売している輸液システム「スマートインフュージョンシステム」(スマートポンプ)の一つとして、薬剤量の設定間違い防止に役立つ薬剤ライブラリ機能、業務効率化につながる病院内IT連携機能などの特長を備えています。
シリンジポンプSS型3TCIの主な特長

- 視認性に配慮したカラー画面と多彩な表示

- 用途・薬剤で選べる投与モード

(TCIモード、mg/kg/hモード、薬剤ライブラリモード、mL/hモードなど)

- 内蔵バッテリーで約8時間連続使用可能*3(リチウムイオン電池搭載・従来比4倍)
スマートインフュージョンシステムの特長

- 全機種共通のデザインと操作環境

- 多連ラックによる省スペース化と移動性の向上、AC電源と通信の一本化*4

- 薬剤量の設定間違い防止に役立つ薬剤ライブラリ

- 無線LANにより自動麻酔記録システムや電子カルテなど、院内ITシステムと連携可能
テルフュージョンシリンジポンプSS型3TCI
多連ラックでの使用イメージ
参考:
*1 TCI(Target Controlled Infusion)

シリンジポンプなどを用いて薬剤の投与速度をリアルタイムに調節することで、目標とする血中の薬物濃度を調節する方法です。医薬品の薬効はその薬が作用する部位の濃度に左右され、血中濃度と関連しているといわれています。つまり、必要な血中濃度が得られるように薬剤の投与速度をコントロールできれば薬効の調節が可能になると考えられます。
*2 ディプリフューザーTCIシステム

アスペンジャパン株式会社の「1%ディプリバン®注-キット」(一般名:プロポフォール)専用のTCIソフトウェア「ディプリフューザー」が組み込まれたモジュールです。「シリンジポンプSS型3TCI」の「TCIモード」では、入力された目標血中濃度を目指して、シリンジポンプに内蔵されたソフトが薬液流量を制御します。なお、ディプリフューザーは、入力されたディプリバンの目標血中濃度を維持するためのもので、自動的に麻酔効果の調節を行うものではありません。必要に応じて麻酔科医が目標血中濃度を調整する必要があります。
*3 5mL/hでの連続送液、周囲温度25℃、新品バッテリー、満充電時
*4 テルフュージョン通信ラックシステム(TE-RS800)使用時のみ
5 件