NEWS

 テルモ株式会社が、世界最少レベルの充填量の人工肺「Capiox NX19」(キャピオックス NX19)をアメリカとヨーロッパで発売しました。今後、日本を含むアジア各地域での販売も予定されています。

人工肺は、心臓外科における手術などの際、一時的に肺の機能を代行する医療機器です。酸素と二酸化炭素のガス交換をするために、製品内に血液を充填する必要がありますが、充填量が増えると身体への負担も大きくなります。
 
同社によると、従来品の材質や構造を大きく見直し、改良が施されました。その結果、ガス交換性能を維持しながらも、血液充填量を従来品よりも約3割減が実現でき、輸血の削減や急性腎障害(AKI)リスクの低下が期待されます。また、手術時間の短縮を目指して、手術中の体温管理に関係する熱交換性能も約2割向上させることができたと言います。

 テルモは、世界で初めてホローファイバー(中空糸)型人工肺を開発し、その人工肺は、安定したガス交換性能、小型化された構造などから1982年の発売以降、世界で広く使われてきました。
2 件