NEWS

小野薬品工業株式会社と生化学工業株式会社が、日本で共同開発中の変形性関節症治療剤ONO-5704/SI-613の第Ⅲ相臨床試験として進めている3つの臨床試験のうち、変形性膝関節症を対象とした検証的試験についての結果を公表しました。

この試験は、変形性膝関節症患者を対象とした440例の無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間比較試験です。ONO-5704/SI-613は、本試験の主要評価項目である初回投与12週間(4週ごとに3回投与)後の WOMAC スコア(膝の痛みの評価指標)において、プラセボ(偽薬)群と比較して統計学的に有意な改善効果を示しました。また、安全性についても、臨床上、顕在化した問題は認められませんでした。

小野薬品および生化学工業は、他の2つの臨床試験の進捗に注力し、全ての試験の終了後に取得したデータを考慮のうえ、2020前半の承認申請を目指すとしています。
2 件