NEWS

4社協業でコメワクチン?

アステラス製薬株式会社、国立大学法人東京大学 医科学研究所、国立大学法人千葉大学、および株式会社朝日工業社が、コメ型経口ワクチン「MucoRice-CTB」(ムコライス)の実用化を目指して、共同研究契約を締結したことを発表した。

今回開始するプログラムは、医療研究開発革新基盤創成事業(CiCLE)に採択されていて、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)から支援を受け、実施される。


ムコライスは、医科学研究所 国際粘膜ワクチン開発研究センターの清野 宏教授と幸 義和特任研究員により開発され、遺伝子組換え技術を用い、コメの内在性貯蔵タンパク質の代わりにワクチン抗原となるタンパク質を発現させたコメ型経口ワクチンです。

ムコライス

ムコライスは室温での保管が可能で、バイオ医薬品に特有の厳格な温度管理の必要がありません。栽培技術の確立により効率的に生産することが可能になれば医療費負担軽減に貢献できる可能性があるとされます。

この契約のもと、アステラス製薬はムコライスの生産条件検討および製剤化を担うこととなりました。医科学研究所、千葉大学と朝日工業社はムコライスの生産体制を構築します。

なお、医科学研究所とアステラス製薬は2016年からムコライスを活用したコレラ、毒素原性大腸菌を対象としたワクチンの共同研究に取り組んできていたが、2017年からその研究対象の範囲をウイルス性腸管下痢症(例:ノロウイルス)に拡大されている。

アステラス製薬、医科学研究所、千葉大学および朝日工業社は、この共同研究を通じて、社会生活に大きな影響を及ぼす感染症ワクチンおよび治療薬の研究開発に取り組むとともに、より強固なムコライスの生産体制を構築することで、遺伝子組換え穀物の医薬品への活用に挑戦するとしている。
5 件