NEWS

ペプチドリーム株式会社と株式会社キュライオが、戦略的パートナーシップに関する覚書を締結したことを発表しました。

キュライオがもつクライオ電子顕微鏡を用いた構造解析技術は、生体分子の立体構造解析において、現在最も優れた技術の一つであり、2017年にはノーベル化学賞の授与対象となりました。

特に、クライオ電子顕微鏡を用いた単粒子解析はこの数年で大きく成長し、結晶化の必要がなく、水溶液中での構造が得られるなどの利点が多い解析技術とされています。一方で、電子顕微鏡の操作や測定、解析には研究者のスキルや経験や勘に依存する要素も多く、効率性のバラつきに課題があります。

キュライオは、クライオ電子顕微鏡測定のための試料調製やグリッド作成、3次元構造 解析に独自の技術を有し、単粒子解析における従来の課題を解決するとともに、難易度の高いタンパク質やタンパク質超分子複合体の構造解析を可能にしています。

両社は、ペプチドリームが有する独自の創薬開発プラットフォームシステム: PDPS(Peptide Discovery Platform System)とキュライオ社が有する高度な構造解析に関する プラットフォーム技術を組み合わせることにより、ペプチド創薬ならびにヒットペプチド化合物に基づく次世代低分子創薬において、従来手法では創薬が難しいとされてきた領域での創薬ターゲットの拡大、および研究開発効率のさらなる向上を目指すこととなります。
2 件