NEWS

東和薬品株式会社と株式会社バンダイナムコ研究所が、患者の服薬アドヒアランス向上と残薬の解消を目指し、服薬支援ツールの開発に向けた基本合意書を締結したことを発表しました。

*「服薬アドヒアランス」とは、患者が積極的に治療方法の決定に参加したり、その決定に従って治療を受けることです。

近時、残薬は薬の適正使用や医療費の観点から社会問題のひとつとされており、日本薬剤師会によると残薬の金額は年間約500億円にもなります。厚労省によると、残薬発生の理由は、67%が「飲み忘れが積み重なった」と回答されており、不注意によって服薬を忘れてしまうことが大きな要因となっています。

薬は適切に服用されていないと十分な治療効果が得られず、治療期間が延長してしまうことがあります。また、手元に飲み忘れた薬があると、他の薬との飲み間違いなどの原因にもなります。

東和薬品とバンダイナムコ研究所は、服薬アドヒアランスの向上と、それによる残薬の解消といった医療経済課題への貢献のため、ゲームメソッドを取り入れた服薬支援ツールの提供を目指して共同開発を行うことになります。

東和薬品が服薬支援ツールの立案を行い、バンダイナムコ研究所がツール内のコンテンツやソフトウェアの企画・開発に取り組みます。また、服薬情報を管理するプラットフォームの構築及び服薬支援ツールを用いたサービス企画を、東和薬品グループのTスクエアソリューションズ株式会社が担当します。
2 件