NEWS

株式会社島津製作所と国立研究開発法人国立がん研究センターが、あらたに共同研究契約を締結したことを発表しました。

2020年4月1日より同センター東病院の次世代外科・内視鏡治療開発センター(通称:NEXT)内視鏡機器開発室に開発拠点を設置し、新たながん治療法として注目されている「光免疫療法」に関する計測技術の臨床応用に向けた研究を共同で実施しています。

島津製作所と国立がん研究センター東病院(以下、東病院)および同センター先端医療開発センター(以下、EPOC)は、2019年3月より近赤外光カメラシステムと質量分析装置を活用した光免疫療法の非臨床試験をEPOCで行ってきました。試験では治療部位の可視化や記録が出来る可能性について前向きな結果が得られていると報告されています。

今後の共同研究では、EPOCで行ってきた非臨床試験で得られた知見と、東病院の光免疫療法における豊富な臨床経験および島津製作所の技術を活用することで「患部の状態の可視化や記録」の実現・治療評価技術の確立が目指されています。

※「光免疫療法」とは、アメリカ国立衛生研究所の一部門である国立がん研究所に所属する小林久隆主任研究員が開発した、がん細胞を狙い撃ちし、短時間で破壊する手法です。がん細胞に特異的に結合する抗体に光感受性物質を結合した複合体薬剤を使用、非熱性赤色光の照射により光化学反応を起こします。

島津製作所とアメリカ国立がん研究所は、動物実験において赤色光照射後の複合薬剤の変形または凝集する様子の画像化に成功し、同治療法のメカニズムを明らかにしました。 (Sato K, Kobayashi H, et al. ACS Cent Sci. 2018 Nov 28;4(11):1559-1569)
2 件