NEWS

鳥居薬品株式会社と日本たばこ産業株式会社(JT)が、Dermavant Sciences GmbHと日本国内における皮膚疾患領域での独占的開発・商業化権に関するライセンス契約を締結したアリル炭化水素受容体(AhR)モジュレーター(tapinarof)について、日本国内における共同開発及び販売に関する契約を締結したことを発表しました。

この契約により、今後日本国内においては、鳥医薬品とJTが共同でtapinarofの開発を行うことになります。また、上市後の販売・プロモーション活動については、鳥医薬品が独占的に行うこととなります。

Tapinarof について

Tapinarof は、アリル炭化水素受容体(AhR)を標的とした日本国内初の薬剤です。

Dermavant 社は tapinarof を乾癬及びアトピー性皮膚炎の治療薬として開発しており、現在、米国において、尋常性乾癬患者を対象とした第Ⅲ相臨床試験を実施しています。
4 件