NEWS

痛みを克服する研究スタート

学校法人愛知医科大学と日本臓器製薬株式会社、FRONTEOヘルスケアが共同で複雑な慢性痛の診療を支援するための「疼痛診療支援AIシステム」の開発のための研究をスタートさせた。

この研究は、愛知医科大学の「学祭的痛みセンター」のもつ診療ノウハウをFRONTEO社の人工知能エンジン「KIBIT」(キビット)に学習させることで診療支援ができるようになることを目指している。

「痛み」はふたつあるの?

痛みは、身体の異常を知らせるというはたらきを持っており、極めて重要な健康・肉体上のサインなのだが、患者を苦しめる要因でもある。そしてこの「痛み」は2種類あるとされる。

一つ目が、打撲、骨折、内臓疾患によって肉体組織の損傷を原因とする急性な痛みで、治療や治癒により取り除くことが可能とされる。しかし、2つ目として挙げられる慢性痛は、損傷が治癒したのちにも発生する原因不明の慢性的な痛みで、患者に苦痛を与え続け、長期にわたりQOL(Quality Of Life、生活の質)を低下させる恐れがあるものとされている。

「痛み」を研究する愛知医科大学

愛知医科大学は「痛み」研究において国内初の学祭的な治療・研究施設である「学祭的痛みセンター」を創設し、整形外科・麻酔科・精神科・看護師・理学療法・臨床心理といった分野の専門家とともに慢性痛の集学的な診療を行っている。

このセンターでは、年間にのべ7,000人に治療を施し、長期にわたり改善することのなかった痛みを改善させる成果を上げてきており、ノウハウが蓄えられている。

診断と治療にコストがかかりすぎる…

KIBITの活用イメージ

KIBITの活用イメージ

ところが、集学的な診療の課題として、患者ひとりあたりのコストの高さが挙げられており、ストレス社会と言われる現代、慢性痛患者数が増加する恐れがあることを考慮すると効率的かつ適切に診療が行えるシステムが必要とされている。

そのような背景で行われる今回の共同研究は、コストをカットするために、AIに慢性痛診療の診断・治療スキルを学習させることで、的確な診断ができ、痛みを改善できることができるようなサポート体制の構築を目指すこととなっている。
10 件