NEWS

ラクオリア創薬株式会社と名古屋市立大学医学研究科細菌学分野の長谷川忠男教授が、マクロライド耐性型A群レンサ球菌に対するあらたな治療薬の創出に向けた初期探索研究を開始したことを発表しました。

A群レンサ球菌(streptococcus pyogenes)は、レンサ球菌属に属するグラム陽性球菌です。小児の急性咽頭炎の主要な起炎菌であるとともに致死率の高い劇症型感染症(STSS)など多彩な感染症を引き起こします。

STSSの報告は年々増加傾向にあり、治療には種々の抗生物質が用いられますが、A群レンサ球菌においてはマクロライド系抗生物質に対して耐性を持つ、マクロライド耐性型A群レンサ球菌の出現が報告されています。

長谷川忠男教授らは、マクロライド耐性型A群レンサ球菌のマクロライド耐性克服のための研究に取り組んでおり、耐性に関与すると考えられる遺伝子をノックアウトした菌株を独自に樹立しています。このノックアウト菌株を用い、耐性機序に基づいた化合物スクリーニングを行うことで、マクロライド耐性を抑制できる化合物を見いだせると期待されます。

長谷川忠男教授らが保有する最先端の研究成果と、ラクオリアが有する幅広い創薬研究の経験が融合され、産学連携の体勢が構築されます。
2 件