NEWS

大阪大学×田辺三菱製薬

 田辺三菱製薬株式会社と国立大学法人大阪大学が、7月から大阪大学大学院医学系研究科に難治性神経疾患の創薬に関するトランスレーショナル研究を行う「創薬神経科学共同研究講座」を設置したことを発表しました。

 神経疾患の原因は未だ特定されていないものが多く、根治的な治療法の開発が待たれている疾患領域の一つです。この共同研究講座では、様々な神経疾患の病態解析や、その結果に基づいた創薬ターゲットの探索、病態モデル動物を用いた新薬候補物質の有効性評価、および、新薬候補物質の有効性を臨床試験で的確かつ迅速に評価するためのバイオマーカーの探索を行います。

 この共同研究講座では、大阪大学大学院医学系研究科と田辺三菱製薬の研究者がアカデミアと製薬企業それぞれで培った知識や技術を融合させ、さらに大阪大学が有する最先端の画像解析設備なども活用しながら研究を発展させ、新たな価値創製・革新的な創薬が目指されます。

共同研究講座の概要

講座名:創薬神経科学共同研究講座
設置場所:大阪大学大学院医学系研究科(大阪府吹田市)
設置期間:2018年7月1日~2023年3月31日
研究統括:大阪大学大学院医学系研究科 分子神経科学 教授 山下 俊英
5 件