NEWS

アステラス製薬のXOSPATA

 アステラス製薬株式会社が、FLT3(FMS-like tyrosine kinase 3)阻害剤XOSPATA®(一般名:gilteritinib)について、成人の再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病(acute myeloid leukemia: AML)の治療薬として、アメリカ食品医薬品局(FDA)から承認を取得したことを発表しました。

XOSPATA®は、アメリカFDAが成人の再発または難治性のFLT3遺伝子変異陽性AMLを適応症として承認した初めての経口FLT3阻害剤です。

 アメリカがん協会によれば、2018年にアメリカにおいて約19,000人が新たにAMLと診断されることが見込まれています。

AMLの遺伝子変異との関連性

AMLはさまざまな遺伝子変異と関連性があるといわれています。XOSPATA®は、FLT3の活性化変異(遺伝子内縦列重複変異(Internal Tandem Duplication: ITD)とチロシンキナーゼドメイン変異(Tyrosine Kinase Domain: TKD))を共に阻害します。

AML患者の約30%で認められるFLT3-ITD遺伝子変異は、患者の予後と関連しています。FLT3-TKD遺伝子変異は、AML患者の約7%で認められ、既存の化学療法に対する抵抗性と関連しています。

 Pennsylvania大学Abramson Cancer CenterのAlexander Perl, M.D.は、「今回のXOSPATA®の承認取得は、FLT3遺伝子変異陽性AMLの患者さんに対して、遺伝子変異に応じて最適な治療薬を選択するプレシジョンメディシン(精密医療)を提供していく上で、重要なステップです。特に、再発または難治性の患者さんには、より選択性の高い治療薬が今すぐにでも必要です」と述べています。
5 件