NEWS

新たな共同研究がスタート!

第一生命保険株式会社(第一生命)と、国立研究開発法人国立がん研究センター(がん研究センター)が「医療ビッグデータ」の活用を目指して共同研究を開始した。

第一生命は、保険(Insurance)とテクノロジー(Technology)を合わせた「InsTech」(インステック)をテーマとして「医療ビッグデータ」の活用を目指す事業の一環だとしている。

がん研究センターの持つノウハウ

 (7551)

国立がん研究センターは、がん治療はもちろん、発がんリスクの先進的な研究、がんに関連する種々の疾病の予防・健康増進についても高度な取り組みを行っている。他にも、学校や保健所との連携で長期で大規模な観察に基づく研究も行っている。そのため、幅広く疾病や病状の経過に関する膨大なデータを持っている。

研究内容と狙い

「1.一人ひとりの健康状態や運動・食事、喫煙・飲酒などの生活習慣をもとに
重大な疾病リスクの軽減・予防、健康増進に役立つ効果的な生活習慣(運動、食事、喫煙・飲酒等)の改善シナリオとアドバイスの開発・提供


2.日本人の健康寿命延伸に資するエビデンスの蓄積を目的とした、
健康状態、生活習慣、ライフステージ・ライフイベントと、疾病罹患や入院、死亡などとの関連解析」の二点を挙げている。

以上の研究により、生活関連疾病の発病リスクを高める要因をビッグデータを用い洗い出していくことで、一人ひとりの健康状態や生活習慣に沿った、個別化された改善策を提供できるようになるという。

VIEWS

個別化された医療の研究が日増しに進んでいる。一人ひとりの身体、遺伝、生活は全部違うということは言うまでもない。だからこそ一人ひとりに合った治療を行うには、一人ひとりの状況を考慮に入れる必要がある。

その際に、一人ひとりの状況を把握する。そして「ビッグデータ」つまり「こういう状況ではこうなる傾向にあるという大量の情報」を使って、とるべき対策を考えていくということができるようになれば、より効果的な治療ができることになる。
10 件