NEWS

近畿大学とクラウドファンディングをサービスとして提供している株式会社CAMPFIREが提携し、医学部ゲノム生物学教室の西尾和人教授の研究チームが、がん患者に団の遺伝子解析を無償で提供するための資金を調達するためにクラウドファンディングを開始する。

クラウドファンディングによって大学の研究費や資金を調達するプロジェクトの第3回目として行われ、近畿大学の医学部がもつ最先端の技術でがん患者一人ひとりに無償で治療法を提供することを目指している。そして、遺伝子解析研究の費用をクラウドファンディングで調達する試みは国内初と言われている。
西尾 和人 教授

西尾 和人 教授

近畿大学×CAMPFIRE

従来のがん治療では、抗がん剤にあわせて検査をする必要があり、検査にはひと月ほどの時間がかかっていた。今回の資金調達は近畿大学がはじめる「近大クリニカルシーケンス」という遺伝子解析を行うためで、検査も従来の半分2週間ほどで行える。

今回、この遺伝子解析を無償で提供するのは、特に15歳から29歳の若年層を対象とし、予定ではおよそ200件ほど無償で実施される。

日本では、国民の2人に一人ががんに罹患すると言われ、死亡率が1位となっている社会問題である。がんは、早期に発見することができ、すぐに治療をはじめれば、治る確率が高くなっている疾患であり、今回、近畿大学が行う検査により早期発見ができれば、がんの罹患者を救える可能性がある。

がん患者さんのための遺伝子解析「近大クリニカルシーケンス」を無料で提供したい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

がん患者さんのための遺伝子解析「近大クリニカルシーケンス」を無料で提供したい! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
▼遺伝子解析「近大クリニカルシーケンス」ってなに? 私たちは当研究所で、全国に先駆けてがん患者さんの為に、遺伝子解析「近大クリニカルシーケンス」を実施してきました。 患者さんの遺伝子を調べて、診断・治療に役立てることをクリニカルシーケンスと言います。…
記事執筆時点(5月25日 14:53)で、パトロンは7人、支援総額は145,000円となっている。

このクラウドファンディングは8月10日まで行われている。
6 件