NEWS

中外製薬株式会社と国立研究開発法人国立がん研究センターが、患者申出療養制度に基づく研究者主導の臨床研究への協力に関する契約を締結したと発表しました。

遺伝子パネル検査によるがんゲノムプロファイリングにより遺伝子異常が検出されたものの、既承認薬による治療や未承認薬による治験等の選択肢がないという場合があります。

この臨床研究は、そのような場合に、患者申出療養制度に基づきあらたな治療機会を検討するため、国立がん研究センター中央病院を調整事務局として実施される臨床研究(遺伝子パネル検査による遺伝子プロファイリングに基づく複数の分子標的治療に関する患者申出療養)です。

中外製薬はこの臨床研究の趣旨に賛同し、関連する薬剤を提供することになります。

上席執行役員 プロジェクト・ライフサイクルマネジメント共同ユニット長の伊東 康 氏は、
がん治療は、近年、次世代シークエンシング(NGS)技術による遺伝子検査システムの保険適用により、患者さんごとに適した治療法を選択できるようになりました。

一方、遺伝子異常が特定されても、承認された薬剤がまだなく、適応する治療を受けられない患者さんがいます。このような患者さんが治療機会を得るために、当社の医薬品を役立てていただけることを大変嬉しく思います。

中外製薬は、がん領域のリーディング企業として、患者さん一人ひとりに最適な治療を実現できるよう、より高度な個別化医療の推進に引き続き取り組んでまいります。
以上のように述べています。
4 件