NEWS

エーザイ株式会社が、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施する、令和2年度 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬開発」に係る公募において、エーザイを代表機関とする研究開発プロジェクト「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を阻止する治療薬の開発」が採択されました。
そして、4つの分担研究機関(株式会社 カン研究所、国立研究開発法人国立国際医療研究センター、国立大学法人長崎大学、公立大学法人横浜市立大学)とともに共同研究を開始したことを発表しました。

SARS-CoV-2感染によるCOVID-19患者では、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)やそれに引き続く多臓器不全などにより重症化する例が報告されています。この重症化の過程においては、血管障害の形成と増悪、さらにはサイトカインストームの関与が想定されています。しかし現時点では、SARS-CoV-2感染に基づく重症化のメカニズムが十分に解明されているわけではありません。

「サイトカインストーム」とは、免疫反応を活性化させる役割を担うサイトカインの産生が制御不能となって大量に放出され、免疫が暴走する状態のことです。

今回の共同研究ではSARS-CoV-2感染非臨床動物モデルの構築と、すでに治験実績のあるエーザイ創製のTLR(Toll-Like Receptor)4拮抗剤エリトランおよびエーザイの研究子会社である株式会社カン研究所創製の抗FKN (フラクタルカイン)抗体E6011の薬効評価を行います。また、SARS-CoV-2感染患者由来の臨床サンプルを用いたバイオマーカー探索を推進します。この共同研究を通じてSARS-CoV-2感染に基づくCOVID-19重症化のメカニズムの解明と、重症化を未然に防ぐ薬剤の創出が目指されます。

TLR4とエリトラン(E5564)について

TLR(Toll-Like Receptor)は自然免疫系に関わる分子であり、病原体の持つ特定の分子の構造を認識する受容体として機能しています。TLRが活性化すると、自然免疫が誘導され炎症反応や抗ウイルス応答が起こり、病原体を排除するとされています。

多様なTLRファミリーメンバーのうち、TLR4は細菌から放出されたリポ多糖などのエンドトキシンをリガンドとして活性化されます。エリトランは、エンドトキシンの活性本体であるLipid Aの化学構造アナログで、天然物有機合成技術を駆使した、エーザイ創製のTLR4拮抗剤です。

重症敗血症の治療薬として開発され、大規模な臨床第Ⅲ相試験を含む14の臨床試験でその安全性プロファイルは確認されています。また、エリトランはマウスインフルエンザウイルス感染モデルにおけるサイトカインの産生抑制と全身症状の改善効果を有することが示されています。サイトカインストームの原因となる多種のサイトカイン産生シグナルの最上流に位置するTLR4の活性化を阻害することで、COVID-19における炎症や重症化を抑えることが期待されます。

また、国際臨床試験「REMAP-COVID」において、エリトランが中等度のCOVID-19感染入院患者様の治療薬候補として選定されています。
4 件