NEWS

膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎の治療用具

株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングが、膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎の治療に使用されている再生医療等製品「自家培養軟骨ジャック」の仕様変更について、厚生労働省より一部変更承認を取得したことを発表しました。

今回の仕様変更は、患者の身体的負担の軽減と医師の移植手技の簡便化を実現するものとされています。

この承認取得により、ジャックを用いた治療において、患者の骨膜採取が不要となるため、低侵襲化、移植手技の簡便化を図ることができます。

ジャックは、2012 年に、膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎(変形性膝関節症を除く)を適応対象として製造販売承認を取得した再生医療等製品です。

整形外科領域における日本初の再生医療等製品で、2013年から保険が適用されるようになりました。

これまで、ジャックを用いた治療では、患者から採取した軟骨組織を約 4 週間培養して作製したジャックを欠損部に移植し、患者の脛骨から採取した骨膜で欠損部を覆って治療する方法が行われていました。

このような中、同社は、2018年4月に発表していた通り、患者の骨膜の代わりに人工のコラーゲン膜を使用する、ジャックの一部変更承認申請を行い、承認されました。
3 件