NEWS

アンジェス株式会社と大阪大学が、共同で新型コロナウイルス対策のための予防用DNAワクチンの開発を行うことを決定したと発表しました。

今回のワクチンは、DNAプラスミド製造技術を用いた新型コロナウイルス向け予防用DNAワクチンとされています。アンジェスおよび大阪大学が有するDNAプラスミド製品の開発実績を生かし、コロナウイルスの予防用DNAワクチンを共同開発されることになります。DNAワクチンの製造は、不活化ウイルスをワクチンとする方法(弱毒化ワクチン)や遺伝子組換えウイルスタンパク質をワクチンとする方法に比べて、短期間で製造プロセスを確立することが可能とみられています。また、製造はプラスミドDNAの製造技術と製造設備を有するタカラバイオ株式会社が担当します。

DNAワクチンとは

DNA ワクチンは、危険な病原体を一切使用せず、安全かつ短期間で製造できる特徴があります。対象とする病原体のたんぱく質をコードする環状DNA(プラスミド)を接種することで、病原体たんぱく質を体内で生産し、病原体に対する免疫を付与します。

弱毒化ワクチンとは異なり、病原性を全く持たないため、安全とされています。
4 件