NEWS

東大×神奈川がんセンター×ブライトパス

東京大学アイソトープ総合センター、東京大学先端科学技術研究センター、地方独立行政法人神奈川県立病院機構神奈川県立がんセンター、そしてブライトパス・バイオ株式会社が、完全個別化がんワクチン療法に用いる新規ネオアンチゲンの同定法の開発を目的とする共同研究契約を締結したことを発表しました。



がん免疫療法は、免疫チェックポイント阻害剤やキメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞療法(CAR-T)を中心にがん治療が大きく進化しました。そして、より効果的な治療を実現するために、個々の患者の病態や免疫状態に応じて最適な治療法を提供する個別化医療(Personalized Medicine)の実現に向けた研究が進められています。

遺伝子解析技術→個別治療

近年、遺伝子解析技術の大きな進歩によって患者一人ひとりで異なるがん細胞の遺伝子変異を網羅的に解析することが可能になりました。それに伴いがんワクチンの領域では、免疫応答の標的として強い免疫反応を誘導するネオアンチゲン(抗原)を患者ごとに精密に解析することが可能になってきています。そのおかげで、ネオアンチゲンをがんワクチンとして投与する完全個別化がん免疫療法の開発を目指す試みも始まりました。


完全個別化ネオアンチゲンワクチンには、次世代シーケンサー(NGS)を用いた高感度な遺伝子変異の検出と、高い免疫誘導能を有するネオアンチゲンペプチドの選定が重要な要素となります。

共同研究の目的

この共同研究は、正確な遺伝子変異解析に質量分析(LC-MS/MS 分析)を組み合わせることによって、がんワクチンとして用いるネオアンチゲンの同定精度を大きく高めることを目指しています。

臨床で採取されたヒト腫瘍組織の遺伝子解析と質量分析を並行して行い、遺伝子解析では、正常組織と腫瘍組織由来のゲノム DNA のペア解析でがん細胞に特異的な遺伝子変異を精度よく同定し、質量分析では、がん細胞表面上に提示されているペプチドをがん細胞から単離し同定します。

そして、双方の解析結果をマッチングさせることによって、がん細胞表面上に実際に提示されたネオアンチゲンを同定することを可能にします。


この共同研究は、遺伝子・プロテオミクス・がん免疫研究を行う、先端科学技術研究センター 油谷浩幸教授、アイソトープ総合センター 川村猛准教授、神奈川県立がんセンター臨床研究所 笹田哲朗部長を中心に進められるとされます。

さらに、日米で2つのがんペプチドワクチンの臨床試験(日本:テーラーメイド投与法を採用した後期臨床試験、アメリカ:免疫チェックポイント阻害剤との併用早期臨床試験)を進めるブライトパスが共同研究に加わり、このネオアンチゲン同定法を次世代がん治療法となる完全個別化がん免疫療法の臨床応用へ繋げることを目指すことになっています。
7 件