NEWS

キッセイ薬品工業株式会社が、2015年にオブシーバ社(ObsEva SA)に導出したGnRHアンタゴニスト「リンザゴリクス(一般名、国内開発番号KLH-2109、海外開発番号OBE2109)」について、オブシーバ社が、子宮筋腫に基づく過多月経の改善を適応症として欧州医薬品庁(EMA)に販売承認申請したことを、2020年11月24日(欧州中央時間)に発表したことを発表しました。

リンザゴリクスの子宮筋腫の患者さんを対象とした第Ⅲ相臨床試験は、PRIMROSE 1試験及びPRIMROSE 2試験の2つの主要試験からなり、それぞれ主要評価項目の達成とともに、良好な忍容性が確認されたため、販売承認申請が提出されました。

また、オブシーバ社は、アメリカ食品医薬局(FDA)への新薬承認申請は2021年前半に提出する予定としています。
2 件