NEWS

世界初の術例

慶應義塾大学医学部外科学(一般・消化器)教室の北川雄光教授と日比泰造専任講師、コロンビア大学医学部外科学の加藤友朗教授が、慶應義塾大学病院において、今年2月、これまで世界での報告例がないPeutz-Jeghers(ポイツ・イエーガー)症候群に起因する十二指腸癌の切除後再発に対する体外切除・自家移植に成功した。手術は38歳の男性患者に行われた。

めずらしく高度な手術

 (10372)

今回の手術は、重要血管の再建を伴う複雑な手術の技術を必要とすることから、再発病変に適応されるのは極めてまれとされる。

今後、症例ごとに極めて慎重に手術適応を検討する必要があるとされるが、通常の手術形式では切除困難もしくは切除不能と考えられる病変に対する新たな手術戦略になると考えられる。
6 件