NEWS

CYBERDYNE 株式会社と、全米有数のリハビリテーション医療グループである Brooks Rehabilitationは、米国におけるHAL®医療用下肢タイプ(医療用HAL®)の事業推進を目的とした合弁会社CYBERDYNE & BROOKS, Inc.(Brooks President&COO のスピーゲル氏が President を兼務、「C&B 社」)を設立したことを発表しました。

CYBERDYNEとBrooksは、C&B社へそれぞれ66.7%と33.3%を出資します。新合弁会社C&B社は、フロリダ州ジャクソンビルに「サイバニクス治療センター(Brooks Cybernic Treatment Center)」を3月3日にオープンするとともに、この「サイバニクス治療センター」を拠点に医療用HAL®の米国全域への営業展開を開始します。

Brooksは、45年以上の歴史がある全米最大級の入院リハビリテーション病院や、32の外来クリニック、脳卒中・脊髄損傷等のリハビリテーションのための臨床研究センターなど、年間4万5千人以上の患者を扱う全米有数のリハビリテーション医療グループです。

C&B,「サイバニクス治療センター」

新合弁会社C&B社は、フロリダ州を中心に「サイバニクス治療センター」を展開し、医療用HAL®を活用した治療サービスを提供しています。

また、C&B社は、「サイバニクス治療センター」において臨床データ及び民間保険適用事例等を蓄積し、Brooksの医師や理学療法士などの医療専門職人材と、Brooksが持つ米国医療界における人的・組織的ネットワークを活用することにより、米国全域の医療機関に対する医療用HAL®の導入を推進してまいります。

CYBERDYNEとBrooksは、この合弁事業において、サイバニクス技術を駆使した医療用HAL®による革新的な治療を全米に普及させることにより、患者自身の機能改善によるQuality of Life(生活の質)の向上や、患者の自立度向上による介護負担の低減及び社会コストの削減などを実現し、社会課題の解決と新産業の創成を同時展開する好循環イノベーションを牽引していくとしています。
4 件