NEWS

今年8月、ホスピタリティ・ワンが、病院と訪問看護ステーションのより効率的な連携を実現するインターネットサービス「退院支援ナビ」の開発のため総額約1億円の資金調達を実施した。
 (7104)

近年、超高齢化社会が進む中、入院から在宅看護へのシフトが加速し退院支援へのニーズが高まっている。しかしその一方で、病院は情報不足や人手不足により受け入れ可能な訪問看護ステーションの特定に苦労しているのが現状だ。「退院支援ナビ」では、Webサービスを用いて病院と訪問看護ステーションの効率的なマッチングを行うことで、スムーズな退院支援のサポートを行い、病院側の負担を減らすだけでなく、訪問看護ステーションにとっても対応可能な枠で効率的に受け入れが行えるようにするねらいだ。
また、病院側が登録した患者情報は、退院支援ナビに登録している訪問看護ステーションに共有され、よりニーズに対応したマッチングが可能になると考えられる。
 
「退院支援ナビ」サービス概要

「退院支援ナビ」サービス概要

今後、地域包括ケアの活性化促進に重要なサポーターとなりそうな本サービスは、2016年8月2日より全国の病院と訪問看護ステーションの事前登録が開始した。また、すでにリリース前の招待制として、1都3県の約150か所もの訪問看護ステーションが登録している。

CureとCareの連携効率を促進する新しいサービスの登場は、課題先進国として今後も注目されるにちがいない。

引用・参考文献

株式会社ホスピタリティ・ワン https://hospitality-one.co.jp/
退院支援ナビ https://www.taishi-navi.com/
退院支援ナビサービス紹介動画 https://www.youtube.com/watch?v=mfoVwxEWDyM
8 件