NEWS

4社協業で結核治療薬研究スタート

 エーザイ株式会社、ブロード研究所(米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)、コロラド州立大学(米国コロラド州フォート・コリンズ)のマイコバクテリア研究所、シカゴ大学(米国イリノイ州シカゴ)が、新規結核治療薬の開発に向けた共同研究契約を締結したことを発表しました。

 この共同研究プログラムでは、ブロード研究所の多様性指向型合成(DOS)化合物ライブラリーから同定された化合物群を用いて、結核治療薬としてより優れた化合物をデザインします。

この研究により、結核菌の生存に必須な酵素であるトリプトファン合成酵素を阻害する新規作用機序によって、抗結核作用を発揮する化合物の創出が目指されます。

 結核は、死亡者数が最も多い十の疾患の一つで、2016年には、世界で1,040万人が新たに結核に感染し、170万人が命を落としたと報告されています。(参照:http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs104/en/)

既存の結核治療薬は数十年前に導入されたもので、治療に6~9ヶ月を要するため服薬順守に課題がある上に、世界の各地域で既存の結核治療薬に対する耐性が生じています。そのため、より短期間で治療可能なあらたな作用機序の新薬開発が求められています。

この共同研究プログラムは、公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)の助成金交付対象として採択されました。さらに、この共同研究プログラムのアドバイザーをTBアライアンスが務めています。

公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)

 公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)は、グローバルヘルス分野の製品開発に特化した世界初の官民パートナーシップとして、日本政府(外務省、厚生労働省)、製薬企業などの民間企業、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカム・トラスト、国連開発計画が参画する、国際的な非営利組織です。

GHIT Fund は2013 年4 月に設立され、世界の最貧困層の健康を脅かす感染症と闘うために、製品開発パートナーシップへの投資ならびに、ポートフォリオマネジメントを行っています。

開発途上国に蔓延するHIV/AIDS、マラリア、結核、顧みられない熱帯病(NTDs)などの感染症の制圧を目指し、日本と海外の研究機関の連携促進を行い、製品開発パートナーシップへの投資を通じて新薬開発を推進しています。

参照:GHIT Fund | Global Health Innovative Technology Fund

参照:GHIT Fund | Global Health Innovative Technology Fund
GHIT Fund(Global Health Innovative Technology Fund) We facilitate international partnerships that bring Japanese innovation, investment, and leadership to the global fight against infectious diseases and poverty in the developing world.
6 件