NEWS

塩野義製薬株式会社と国立大学法人長崎大学が、2019年2月に「マラリアを中心とした感染症分野における包括的連携」に関する協定を結び、共同研究を進めてきました。今回、この連携に基づいて、学校法人北里研究所と抗マラリア薬の創製を目指した共同研究契約が締結されました。

北里研究所は、感染症研究の世界的なパイオニアである北里 柴三郎 博士を創始者とし、近年では特別栄誉教授・大村 智 博士が2015年ノーベル医学・生理学賞を受賞するなど、日本を代表する感染症研究機関の一つです。

この契約の締結により、附置研究所である大村智記念研究所で新たに見出した抗マラリア作用を有する微生物由来の化合物群に関し、この連携との間で共同研究を実施し、革新的な抗マラリア薬創製を目指します。

すでにこの連携においては、同じく日本を代表する感染症研究機関である国立感染症研究所(感染研)との間で2020年3月から共同研究契約を締結し、マラリアに関する共同研究を開始しています。感染研の有するマラリア感染や分子メカニズムに関する知見・技術をこの連携におけるマラリア創薬研究に融合し、革新的な抗マラリア薬やワクチンの開発を目指しています。

マラリアはエイズ、結核と並ぶ世界三大感染症の一つであり、主に熱帯、亜熱帯地域で流行している感染症です。世界で毎年2億人を超える新規患者が発生し、死亡者は幼い子供を中心に約40万人にも上ると報告されています。

予防ワクチンの有効性が十分でなく、主要な薬剤に対する耐性が広がりつつある中、人類の脅威として深刻視され、その克服が国際社会の目指す指針として「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」にも掲げられています。
2 件