NEWS

アンジェス株式会社が、現在開発を進めている新型コロナウイルスDNAワクチンの第 2/3 相臨床試験において、関西および関東の8 施設で 500 症例の接種を予定通り完了しましたことを発表しました。

今回の試験は、500症例の被験者への接種を行い、ワクチンの用法および用量における安全性と免疫原性の評価を目的として実施しております。この後、数ヶ月間の経過観察期間を経て、安全性と免疫原性の評価を行うことになります。

新型コロナウイルスDNA ワクチン第 2/3 相臨床試験概要】

●概要:健康成人志願者を対象とした、筋肉内接種における治験薬の安全性及び免疫原性の評価のための無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験
●目標症例数:500 例(用量 2.0mg:①2 週間間隔での 2 回接種群:250 例、②4 週間間隔での 2 回接種群:250 例、①②はそれぞれプラセボ 50 例含む)
● 実施施設数: 関西および関東エリアの 8 施設

新型コロナウイルスDNA ワクチンについて

新型コロナウイルスDNA ワクチンとは、対象とする SARS-CoV-2 ウイルスのタンパク質の一部をコードする環状DNA(プラスミド)を接種することでそのタンパク質(抗原)を体内で生産し、病原体に対する抗体を介した免疫を付与します。

ウイルスの構造の一部としての抗原(生体の免疫システムが認識する異物)を認識する抗体を体内で作り出すことによりウイルスに対する抵抗力が生まれ、その効果を発揮します。アンジェスは、プラスミドDNAを用いたHGF遺伝子治療用製品で培った経験を活かして DNAワクチンの研究開発を進めています。
6 件