NEWS

受付機前の行列や、診察までの待ち時間の長さなど、外来患者の多くが抱いている不満を解決し、病院への満足度向上に貢献するーー。

そんな医療機関向けソリューション「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-コンシェルジュ(ホープ ライフマーク コンシェルジュ)」(以下、「HOPE LifeMark-コンシェルジュ」)が、11月28日、富士通から発売された。

診察の順番が近づいたことをスマホでお知らせ

本ソリューションシステムは、電子カルテシステムと患者のスマホをアプリで連携させることにより、予約情報や診察状況を患者に提供。患者はそれらを活用することで、診察忘れを防いだり、診察順の確認ができる。

また、診察順番が近づいてきた際にスマホで通知を受け取ることができるため、院内外の飲食店など待合室以外の好きな場所で、待ち時間を過ごせるようになるという。

ビーコン設置で自動受付を完了

さらに、病院各所にビーコンを設置することで、近くにいる患者を検知。情報連携や情報提供を行うことも可能。

たとえば病院入口にビーコンを配置し、スマホを持っている患者が通過したことを検知して、自動で再来院の受付を行ったり、各診療科の待合室にビーコンを置くことにより、その診療科の患者向けのお知らせを配信するといった使い方もできる。

これらの機能により、患者の利便性が格段に向上するだけでなく、病院側の待合にかかる事務の負担軽減が実現できると、販売元の富士通は説明している。
スマートフォンでの画面イメージ

スマートフォンでの画面イメージ

将来的にはPHRサービスの実現も

加えて富士通では、「HOPE LifeMark-コンシェルジュ」を使ったPHR(Personal Health Recordsの略称。一生涯における自分自身の医療や健康情報を収集し活用できる仕組み)の実現も視野に入れているとのこと。

本システムを個人の健康手帳として活用できるよう、ライフログ管理やデータ利活用が可能なサービスを増やしていく考えだという。

ちなみに、発売時における「HOPE LifeMark-コンシェルジュ」の価格は600万円(税別)から。
現時点で連携対象となる電子カルテシステムは「FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE EGMAIN-GX」のみだが、2016年度中に「HOPE EGMAIN-LX」を、2017年度には「 HOPE LifeMark-HX」と「HOPE CloudChart」との連携を予定。

2018年度末(同社の決算期は3月)までに100施設への導入を目指すとしている。

引用・参照

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/11/28.html
11 件