NEWS

島津製作所と太陽生命の支援

株式会社島津製作所とT&D保険グループの太陽生命保険株式会社が、株式会社MCBIに共同出資した。

厚生労働省によると、認知症患者は2025年には約700万人に達し、65歳以上のシニア層の約5人に1人が認知症になるとされている。一方で、認知症予備軍と言われる軽度認知障害(MCI)の段階で早期に生活習慣の改善を行うことが、認知症のリスク軽減に繋がることが分かっている。

MCBIって??

筑波大学発バイオベンチャーMCBIは、血液バイオマーカーを用いた画期的な血液検査による予防医療・先制医療支援に取り組んでいる。

大きな社会問題となりつつある認知症について早期発見・予防に取り組んでおり、軽度認知障害(MCI)を早期に発見できる「MCIスクリーニング検査」を全国約1800 の提携医療機関を通じて提供している。

島津製作所の取り組みと出資

島津製作所は質量分析装置や、医用イメージング装置による認知症、がん、生活習慣病などの早期発見・早期治療といったヘルスケア先端領域への取組み強化を図っている。

今回のMCBIへの出資は、この取り組みの一環として、ヘルスケアスクリーニング事業の足がかりを得るものとされ、将来はMCIスクリーニングに加え、がんや生活習慣病といった複数項目の罹患リスクを、一度の採血でスクリーニングする分子診断技術を確立することで、社会課題の解決に貢献していくとしている。

太陽生命のプロジェクトと共同出資

太陽生命は、「健康寿命の延伸」という社会的課題の解決に寄与するために、「従業員」「お客様」「社会」のすべてを元気にする取組み、『太陽の元気プロジェクト』を推進している。

2015年3月には、生命保険業界で極めてまれな健康に不安のある人も加入できる保険『ひまわり認知症治療保険』を発売した。さらに、同年10月には、歩行速度を継続的に測定し、将来の認知症のリスク予兆を知らせるスマートフォンアプリ「認知症予防アプリ」の提供を開始し、シニアの健康をサポートするサービスの充実を図っていると言う。

島津製作所と太陽生命は、この出資でMCBI社が最大限のパフォーマンスを実現できるよう協力して事業を支援することを通じて、認知症という大きな社会的課題の解決に取り組むとしている。
9 件