【TED Talk】ピーター・ワインストック:シミュレーターで手術を習得すればいい 前編 | PULSE

【TED Talk】ピーター・ワインストック:シミュレーターで手術を習得すればいい 前編 |  PULSE

手術の練習ができる

原始的な方法ですが、手術の技を身につけるための方法です。

それから医師たちは、徒弟制度に戻り多くの術例を見て学び手術し、それをまた教え、と。患者と出会うチャンスを待つだけなのです。しかしもっといい方法があります。

私たちは子どもをモデルに複製を作り、外科医や手術チームが、種々の重要な場面の予行演習をできるようにしました。

私が率いる素晴らしいスタッフがいるシミュレーター・プログラム SIMエンジニアリング部門では、CTスキャンやMRIから得た1次データをデジタル情報化し、アニメーション化し、子どもの臓器の通りの配置に組み立て、手術に応じて、デジタルデータを取り、最先端の3D印刷デバイスでアウトプットし子どもの臓器をミクロレベルまで忠実に作るのです。手術の数時間前には子どもの頭蓋模型が作られているのです。

ハリウッドとコラボ!

これを実現させてくれたのは、カリフォルニア州ハリウッドの現実を再現する技術に長けている技術者の友人たちです。この分野と触れ合ってみると、自分たちは映画制作と同じことをやっているのだとわかりました。映画を作っているのです。俳優ではなく、医師や看護師が出演するというちょっとの差はありますが。

彼らの優れた仕事を見て、彼らと協力し互いの専門を融合させるため、往来しあいシミュレーター開発を行いました。髪の1本1本まで再現された子どもの複製を作り、手術をする予定とほとんど同じものをシミュレートするのです。

さあ、これが本物の患者とシミュレーションです、小さな内視鏡カメラが入っていくのが見えます。この皮膜に小さな穴を開け、液体が出るようにするのです。どちらが本物なんでしょう?

本物と模型が瓜二つ!

彼らの優れた仕事を見て、彼らと協力し互いの専門を融合させるため、往来しあいシミュレーター開発を行いました。髪の1本1本まで再現された子どもの複製を作り、手術をする予定とほとんど同じものをシミュレートするのです。

さあ、これが本物の患者とシミュレーションです、小さな内視鏡カメラが入っていくのが見えます。この皮膜に小さな穴を開け、液体が出るようにするのです。どちらが本物なんでしょう?

練習の後に手術

外科医たちはトレーニング環境を用意し、こうした手術を何度でも練習できます。慣れた、安心できるまで。そのような練習を経た後で飲み、子どもを手術室へ運ぶのです。ここでは、手術前に技術だけでなくチームの連携まで高められるのです。


手術チームは、部屋から出るとすぐに振り返りをします。軍隊と同じで、リーンやシックスシグマと同じテクニックを使い、何がうまくいったか、何がうまくいかなかったか、どうやって修正するかを話します。そして手術室に入り、を繰り返すのです。もっとも必要な時にバッティング練習ができるのです。

水頭症の子供

では、戻りましょう。午前3時に生まれた先ほどの子供は生まれました。午前2時には、医師のチームは集まり、スキャンや画像からデータを得て、臓器を複製し、いわゆるバーチャル・ベッドサイド環境を作り出しました。数時間後には、その子を手術するチームに手順通りにシミュレートしてもらいます。複製にメスを入れるのです。赤ちゃんはまだ生まれていないんですよ。

この技術ができてから、私がボストン小児病院のICUで家族にする説明の内容はすっかり変わりました。

「私たちはICUで頻繁にこの病気の処置をしています。このような手術の経験が豊富なだけでなく、『あなたのお子さんの手術』にも慣れています。2時間前に10回も手術したので、本番へ万全の準備ができています」。

この新しい医療技術のおかげで、本番に備えて練習ができるようになったのです。
11 件