NEWS

ラクオリア製薬株式会社と国立大学法人長崎大学が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する新規治療薬の創出を目指した共同研究を開始したことを発表しました。

COVID-19は現在、世界的規模で公衆衛生上の脅威となっており、その治療薬の開発は喫緊に取り組むべき世界の最重要課題となっています。しかしながら、現時点でCOVID-19治療薬として国内外で承認された医薬品は米ギリアド・サイエンシズ社が開発した「レムデシビル」など、ごくわずかしかありません。

そのような状況を踏まえ、ラクオリア製薬は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の増殖を強力に阻害し、病気の発症や重症化を抑制する治療薬を創出すべく、長崎大学との産学連携を推進することによりCOVID-19研究に取り組むことになりました。

SARS-CoV-2を用いた感染実験は、「バイオセーフティ―レベル(BSL)-3」の取り扱いとされていることから、COVID-19治療薬の研究にはウイルス実験が可能な共同研究パートナーが必須となります。長崎大学は、熱帯医学・感染症分野の研究で日本のみならず世界的にも先導的な立場にあり、また、安田教授および櫻井助教は、エボラウイルス病等の新興感染症の研究で卓越した研究実績を有しております。さらに、長崎大学では現在、BSL-4施設の整備が進められており、世界レベルの感染症研究や治療薬の開発に貢献することが目指されています。

この共同研究により、長崎大学が有するウイルスに対する細胞および動物を対象とした評価系ならびに新興感染症の研究で先行する知見と、ラクオリア製薬が有する低分子化合物の創薬研究に関する様々な知見と技術ノウハウを融合し、COVID-19に対する新たな治療薬の早期創出を目指します。
2 件