NEWS

武田薬品工業株式売社が、Moderna社の新型コロナウイルス感染症mRNAワクチン(開発コード:TAK-919)を輸入し、日本国内へ供給するため厚生労働省に製造販売承認申請を行ったことを発表しました。

日本において現在実施中のプラセボ対照臨床第1/2相試験では、日本人の健康成人200例を対象にTAK-919を28日間の間隔で2回接種した際の安全性および免疫原性を評価しています。

この試験成績は5月に揃う予定であり、その後、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出いたします。申請資料には、Moderna社がアメリカにおいて実施中の臨床第3相試験(COVE試験)の安全性と有効性の成績も含まれています。

当社の日本ワクチン事業部 事業部長である今川昌之は、以下のように述べています。
当社は新型インフルエンザワクチン整備事業で培ってきた経験を活かし、Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチンを一日でも早く国民の皆様に提供できるように努めます。我々のパートナーであるModerna社や厚生労働省、さらには、日本での新型コロナウイルス感染症ワクチン供給実現に向けて臨床試験にご参加いただいた方々に心より感謝申し上げます。

2020年、日本における新型コロナウイルス感染症ワクチンの迅速かつ安定的な供給のニーズに応えることを目的として、武田薬品は2つの提携を公表しています。厚生労働省、武田薬品、Moderna社の三者間の合意では、TAK-919の5,000万回接種分を輸入し、日本国内に供給することを目的としています。

また武田薬品とNovavax社との提携は、日本におけるNovavax社の新型コロナウイルス感染症ワクチン(開発コード:TAK-019)2億5千万回接種分以上の生産能力の整備に基づいた開発、供給に関するものです。いずれの場合も、ワクチンが承認されれば、武田薬品が日本における製造販売業者となります。
2 件