NEWS

塩野義製薬株式会社が、認知機能改善薬候補BPN14770について、グループ会社であるTetra社が実施した脆弱X症候群(Fragile X Syndrome: FXS)患者を対象とした第2相臨床試験で良好な結果を得たことを発表しました。

BPN14770は、記憶形成に関わるPhosphodiesterase 4D(PDE4D)を標的とした新規の選択的ネガティブアロステリックモジュレーターです。このユニークな作用機序は、FXS、アルツハイマー型認知症(Alzheimerʼs disease: AD)およびその他の認知症、学習/発達障害、統合失調症などの治療が困難な中枢神経疾患における認知および記憶機能を改善する可能性があります。

BPN14770は、以前、実施されたADを対象とした第2相臨床試験において認知機能の改善傾向が確認されています。また、非臨床試験において、FXS患者で損なわれていることが報告されている神経細胞同士の結合に対して、BPN14770投与による成熟促進が見られています。

第2相臨床試験は、FXS患者を対象に、無作為化二重盲検プラセボ対照2群2期クロスオーバー試験として実施しました。期間1と期間2の間にウォッシュアウト期間はなく、それぞれの投与期間は12週間で、18〜41歳の成人FXS患者30人が登録され、BPN14770またはプラセボが1日2回投与されました。キャリーオーバー効果を認めたため、有効性に関する主要な統計解析は期間1に限定されていますが、全ての被験者が2期の治療期間を完了しました。

主要評価項目である安全性および忍容性に関して、全例(30例)は試験を中止することなく完遂され、良好な安全性と忍容性を示しました。有害事象の発現率は、BPN14770投与時とプラセボ投与時でそれぞれ36.7%(11/30例)と26.7%(8/30例)でした。最も多かった有害事象である嘔吐については、BPN14770投与時とプラセボ投与時の発現頻度はそれぞれ10.0%(3例)と6.7%(2例)でした。有効性に関しては探索的な評価を行ったところ、NIH-Toolboxを使用した認知機能の評価では、音読認識(調整平均の差 + 2.80、p = 0.0157)、画像語彙(+ 5.79、p = 0.0342)、および認知複合スコア(+ 5.29、p = 0.0018)の項目でプラセボ群に対して統計的に有意な差が見られました。100ポイントの視覚的評価スケールを使用した親あるいは介護者の評価においては、言語(調整平均の差 + 14.04、p = 0.0051)および日常機能(+ 14.53、p = 0.0017)の項目でプラセボ群に対して統計的に有意な差が見られました。BPN14770からプラセボにクロスオーバー後も12週間後まで効果が持続しました。
2 件