NEWS

順天堂大学×オンコリスバイオファーマ

順天堂大学とオンコリスバイオファーマ株式会社が、このたび、オンコリスバイオファーマ社ががんの体外検査薬として開発を進めているテロメスキャンの実用化を目的とした、血中循環がん細胞(Circulating tumor cell: CTC)の検査法開発やシステム構築のための共同研究契約を締結したことを発表しました。


今回の共同研究は、テロメスキャン技術の実用化を目指して、CTC検出法の自動化とCTCの臨床的意義の確立を目標とするものです。これまでの技術では、肺がん患者のCTCは検出が難しいと考えられていました。

しかし、順天堂大学は、すでに非小細胞肺がん患者の血液からテロメスキャンを用いて悪性度の高い生きたままの肺がん細胞(間葉系細胞)を検出することに成功しました。

このCTC検出技術を肺がんの超早期発見、予後や薬効モニタリング、あるいはCTCの遺伝子解析を行うことにより治療法の選択にも応用できると予測しています。


今後、この研究から共同で創出される研究成果は、オンコリスバイオファーマ社および順天堂大学の間で検討の上で、適宜学会・論文等で発表を行っていくとしています。

テロメスキャン

テロメスキャンは、がん細胞で特異的に増殖するウイルス遺伝子の中に、クラゲの緑色蛍光タンパク質(Green fluorescent protein: GFP)の遺伝子を組み込み、がん細胞を特異的に蛍光発光させるウイルスです。

これまでの研究成果から、この作用によってがん組織から遊離して血液中を循環しているがん細胞(Circulating tumor cell: CTC)や腹腔内がん細胞(Peritoneal tumor cell: PTC)を高感度に検出できることが明らかになってきており、国内外でその応用に向けた研究が進められています。
5 件