NEWS

シオノギがケニアの妊婦を守る

塩野義製薬株式会社が、2015年10月に開始した日本とケニアのお母さんの健康を応援する「Mother to Mother SHIONOGI Project」の活動の一つとして、ケニア共和国ナロク県イララマタク地域に、2016年の診療所開設に続き、2018年1月に産科棟を新たに建設したことを発表しました。

こうした診療所の設備拡充に合わせて、診療所への来院数が増加しています。このプロジェクト始動前の旧診療所では年間2,505人(2015年)だった来院数が、2017年には6,359人と2年間で2.5倍に増加しました。


診療所での出産件数も旧診療所の6件(2015年)から23件(2017年)へと3.8倍となりました。予防接種を完遂した 5 歳未満児の数も年間13 人(2015年)から471人(2017年)と36倍までになりました。

ケニアと日本の比較

ケニアの妊婦死亡率は10 万人当たり362人と高く(日本は5人)、また5歳未満で命を落とす子どもの数は1,000人当たり 52人にのぼり(日本は2.7人)ます。「Mother to Mother 」は、こうした保健問題に対応するため、診療所を建設し現地の保健環境の改善を進めてきていた。

塩野義製薬は、中期経営計画Shionogi Growth Strategy 2020(SGS2020)において「創薬型製薬企業として社会とともに成長し続ける」というビジョンを掲げ、医療アクセスの改善に対し「Mother to Mother」を含む様々な観点から取り組むことを通じて、個人が生き生きとした社会創りを推進していくとしている。
参考:
※1 Kenya Demographic Health Survey 2014
※2 World Health Statistiks 2017
http://www.shionogi.co.jp/company/news/qdv9fu000001b0mn-att/180306.pdf
6 件