NEWS

エーザイ、アルツハイマー病協会国際会議で研究結果を議論

エーザイ株式会社が、2019年7月14日から18日まで米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されたアルツハイマー病協会国際会議(Alzheimer's Association International Conference: AAIC)2019において、AAIC主催の経口βサイト切断酵素(BACE)阻害剤の臨床試験における課題とその可能性を議論するセッションにおいて、BACE阻害剤エレンベセスタットを含めた薬物治療について、発表や議論が行われたことを発表しました。

エーザイ社主催の無症状期アルツハイマー病(プレクリニカルAD)における薬物開発の科学的裏付けおよび可能性についてフォーカスを当てたシンポジウムも開催されました。

セッション内容

このセッションでは、各社が保有するBACE阻害剤について、それぞれ発表がありました。エーザイ社からは、エレンベセスタットについて、これまでの非臨床および臨床試験から得たデータや臨床試験の状況について総括的なプレゼンテーションを行いました。

・非臨床試験の結果、エレンベセスタットは、脳脊髄液(CSF)中アミロイドベータ(Aβ)レベルを有意に低下させる用量において、認知機能悪化と関連するスパイン密度低下およびミトコンドリア機能障害へ有意な影響はない。
・早期ADを対象としたグローバル臨床第Ⅲ相試験(MISSION AD1/2)について、直近に開催された独立安全性データモニタリング委員会で、6カ月以上投与された900人以上における認知機能の推移を含めた安全性データのレビューが行われ、本試験の継続が推奨されている。
・臨床第Ⅱ相試験(202試験:アミロイドPET陽性のADに伴う軽度認知障害および軽度から中等度のAD患者様を対象)では、エレンベセスタット全50mg投与群ではプラセボ投与群に対し、投与18カ月時点におけるアミロイドPETによる脳内アミロイドの蓄積量について、統計学的に有意な脳内アミロイド蓄積量の減少が認められた。
・202試験において、エレンベセスタット全50mg投与群はプラセボ投与群と比較して、CDR-SB(Clinical Dementia Rating Sum of Boxes)およびADCOMS(Alzheimer’s Disease Composite Score)の18カ月時点における臨床症状のスコア変化量について、悪化抑制が観察された。エレンベセスタットは、良好な忍容性が示唆された。
・Alzheimer's Clinical Trials Consortium(ACTC)によって実施予定のADのプライマリープリベンション(A3試験)およびセカンダリープリベンション(A45試験)の評価対象薬剤として選択され、2020年にスクリーニング開始をめざす。
ADの原因物質であるAβの脳内蓄積は、ADにおける記憶症状発症の10~20年前に始まることから、ADは症状ではなく病理に基づいた診断と分類が必要となっていました。

最新のAD分類システムであるATN(A:アミロイド、T:タウタンパク質、N:神経変性/神経損傷)では、ADの病理は連続性を持って変化する疾患であるとの概念が解説され、バイオマーカー(血液、CSF、イメージング)技術の進展で、プレクリニカルADをはじめとするADの疾患ステージの判定が可能になってきた現状が紹介されました。

これらの診断技術の進展により、プレクリニカルADの段階で治療介入が可能となってきたことが示されました。

アミロイド病理に基づく標的治療による毒性Aβ種の産生抑制は、ADの疾患修飾療法の開発における合理的なアプローチであるとされました。

今後の試験デザインの革新、併用療法を含む複数薬剤の活用および簡便な血液診断の確立が議論されました。
6 件