NEWS

第一三共のジアグノグリーン

第一三共株式会社が、ジアグノグリーンⓇ注射用25mg(一般名:インドシアニングリーン)の「血管及び組織の血流評価」の効能・効果および用法・用量追加に関する承認を取得したことを発表しました。

厚生労働省が主催し、欧米等では使用が認められているが、国内では承認されていない医薬品や適応について、製薬企業による未承認薬・適応外薬の開発を促進することを目的として設置された会議である「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」において、ジアグノグリーンは、この適応症に関する公知申請を行うことが適当と判断され、2018年1月26日に開催された薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会において公知申請を行うことが了承されました。

これらを受け第一三共は、2018年2月22日に効能・効果及び用法・用量追加に係る医薬品製造販売承認事項一部変更承認申請を行っていました。

この適応症は、既に欧州(イギリスやドイツ等)で承認されており、国内においても各外科領域(血管、心臓、消化器、形成など)で、主に手術時に視覚的、またリアルタイムに血流を確認する手段として用いられています。

薬剤の概要

 (11757)

5 件