NEWS

中外製薬株式会社と株式会社FRONTEOが、創薬支援AIシステムの利用についてライセンス契約を締結したことを発表しました。

今回のライセンス契約に基づき、FRONTEOが独自に開発した自然言語解析AI「Concept Encoder(conceptencoder®、コンセプト・エンコーダー)」を用いた論文探索AIシステム「Amanogawa(商標出願中)」および、疾病メカニズムをパスウェイ状に可視化することのできる新規システム「Cascade Eye」が、中外製薬の創薬プロセスに活用されます。

FRONTEOのライフサイエンスAI CTO豊柴 博義 氏は、
「FRONTEOの創薬支援AIシステムは、研究者が知りたい情報や検証したい仮説を入力するだけで参照すべき論文や関連データを即時に表示することができるものです。中でも新規に開発された「Cascade Eye」は疾病に関係するさまざまな分子や遺伝子等の情報を客観的に解析し、その情報をパスウェイマップ状に可視化することのできる画期的なシステムです」と述べ、今回のコラボレーションに対して「中外製薬とFRONTEOの技術を掛け合わせることで、個別化医療やアンメットメディカルニーズの高い疾病に関するイノベーションの創出につながると考えます」
と期待を語っています。

中外製薬株式会社 執行役員 デジタル・IT統轄部門長の志済 聡子 氏は、
「中外製薬は、『CHUGAI DIGITAL VISION 2030』の下、当社の経営戦略に沿った独自のデジタル・トランスフォーメーションを進めています。中でも当社の企業価値の源泉である創薬研究におけるAIの活用は、最も重要なテーマの一つです。疾患理解の深化、これまで見つからなかった病気の原因やバイオマーカーの同定にFRONTEOのAI技術を最大限に活用することにより、革新的新薬の創出に向けて期間の短縮、成功確率の向上、プロセス全体の効率化を推進していきます」
と語っています。

<Concept Encoderについて>
「Concept Encoder(conceptencoder®、コンセプト・エンコーダー)」は、FRONTEOがライフサイエンス分野に特化して開発した自然言語解析AI(人工知能)です。自由記述のテキストデータを大量に含むメディカルデータを、エビデンスに基づいて有効に解析・活用することを目的に2018年に開発しました。「Concept Encoder」はテキスト以外のデータとの共解析も可能であり、ライフサイエンス領域に蓄積されてきた遺伝子発現情報・バイタルや各種検査値などの数値データとの共解析の研究を進めています。

URL:https://lifescience.fronteo.com/
特許登録番号:特許第6346367号
2 件