NEWS

浜松ホトニクス×東海大学

浜松ホトニクスと東海大学の共同研究チームが、ミトコンドリアの活性化に比例してはたらきが高まるPET製剤を活用したPET検査が、がんの放射線治療効果を早期に判定する際に有用であることを、動物実験を通して確認したと発表した。

個別化医療への道

この研究成果により、治療開始の早期でのカラダを傷つけずに効果判定ができるようになり、個々のがんに対して適切に放射線の照射量を調節でき、個別化医療の実現をさらに加速させることができるようになるという。

がんの治療方針を早期に決定できる!

個別化医療を実現できると、現在がんの種類ごとに定められている標準的な照射量では多すぎる場合の副作用を軽減することが容易になる。

さらに、治療効果が認められない場合に、治療開始のはやい段階で治療効果が十分ではない、といったことを判断できるようになり、治療方針を早期に検討することができるようになることが予想される。
7 件