NEWS

参天製薬株式会社が、低加入度数分節型の眼内レンズ「レンティス コンフォート」(モデル名 LS-313 MF15)を日本で発売開始しました。

この製品は、オランダ・Oculentis社から導入した白内障手術に用いられる眼内レンズで、保険診療の範囲で使用可能な、遠方だけでなく中間距離までの連続的な見え方が期待できる製品です。2つの単焦点機構を独自の扇形デザインとして組み合わせる設計となっており、また加入度数を+1.5D とマイルドにすることにより、「良好な遠方・中間視力」「不快な自覚症状の抑制」「焦点深度の拡張」を実現しました。

この製品の発売にあたり、参天製薬 取締役・専務執行役員 日本事業統括兼眼科事業部長の伊藤毅は次のように述べています。
「『レンティス コンフォート』は、患者さんに、遠方から中間距離の快適な視力をご提供したいとの想いから誕生しました。

この製品により、多くの患者さんの白内障術後の満足度が向上することを期待しています。

参天製薬は、国内医療用眼科薬・医療機器事業における幅広い製品ラインナップとこれまで培ってきた強みを生かし、患者さんへのさらなる貢献を目指します。」
3 件