NEWS

持田製薬×Amarin Corporation plcグループ

持田製薬株式会社とアイルランド・Amarin Corporation plcグループが、新規高純度 EPA 製剤に関するライセンス契約を締結したことを発表しました。

この契約により、持田製薬は保有する新規高純度 EPA 製剤の技術を利用して、アメリカやその他の地域においてEPA製剤を開発および商業化する権利をAmarinに付与することになります。

また、持田製薬は、契約の締結に伴う一時金と今後の開発進展などに応じたマイルストーン・フィーと製品の上市後に販売額に応じたロイヤリティを Amarin社より受け取ることになります。
持田製薬は、医療用医薬品として開発した高純度EPA製剤エパデールを1990年に世界で初めて上市しました。EPAの高度な精製技術と大量生産能力を持つ日本水産株式会社より原体の供給を受け、「高脂血症」「閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛及び冷感の改善」を適応症として、日本国内の医療の場に届けています。


スタチン投与の高脂血症患者におけるエパデールの長期投与による冠動脈イベントの発症抑制効果を検討するために、大規模無作為化比較試験 Japan EPA Lipid Intervention Study(JELIS)が行われており、その結果はEPA製剤による治療のエビデンス情報として各種ガイドラインに引用されています。
4 件