NEWS

Samsung Strategy and Innovation CenterとNestléの医薬品食品衛生研究所は、IoT技術と栄養科学の力の合体した新たな開発と研究を両者のコラボで実現することを決めたことを発表しました。

共同メディアの発表によると、今回のコラボレーションは、「健康とウェルネスへに対して全く新しい意識を持つ人々にIoT、科学的に検証されたバイオセンサー、高度なマルチモーダル技術、および総合的な栄養アプローチを組み合わせることを目指しています」

また、コラボレーションは、個人が健康でより良い生活を助けるために、栄養改善、ライフスタイル、フィットネス周り関連して、コンテキスト勧告を提供することによって、自分自身の健康と福祉を管理するために、個人に力を与えることを目指しています。

"我々は、センサ技術の分野におけるグローバルリーダーで、このコラボレーションができることを喜んでいる、"ステファンCatsicas、ネスレ最高技術責任者は述べています。「健康的な生活をしたい人をサポートするために、私たちの栄養、保健と健康戦略を進めていきます」

技術の融合によってもたらされることについて「私たちは、このコラボレーションがもたらすブレークスルー興奮しています 」""若い孫、社長兼最高戦略責任者、サムスン電子株式会社と述べました。

記事原文はこちら(『mHealthWatch.com』2016年8月3日掲載)
2 件