NEWS

順天堂大学医学部附属順天堂医院は、会計の待ち時間を解消する新たな取り組みとして、グローリー株式会社の医療業界向け「料金後払いシステム」と富士通株式会社の医事会計システム「FUJITSU へルスケアソリューション HOPE X-W(ホープ エックス-ダブリュ)」を連携させた「料金後払いシステム」の運用を2019年4月1日より開始します。

これにより、患者は診察後に支払窓口で会計をすることなく、帰宅が可能となります。

グローリーの「料金後払いシステム」が、大学病院で導入されるのは国内初で、富士通の医事会計システム「HOPE X-W」と連携させることで、これまで人が処理していた会計の一部作業を自動化し、業務の大幅な効率化を実現します。

導入の背景

順天堂医院は、高度医療を担う特定機能病院として、37の診療科と1,032床の病床を有し、1日約5,000人の外来患者の診療を行っています。

順天堂医院は、これまでもグローリー製の診療費支払機を導入し、会計窓口の混雑や待ち時間の緩和・解消に取り組んできたが、外来患者の増加に伴い、さらなる改善が必要でした。

そこで、順天堂医院は、後払いを希望する患者が事前にQRコードを読み込み、申請画面へ必要情報を登録することで、支払窓口での会計処理が不要となる「料金後払いシステム」を導入しました。

システムの特徴

(1)患者側のメリット
・事前登録した患者は、診察後に支払窓口で会計をせずにそのまま帰宅できます。
・「料金後払いシステム」の利用料は無料です。事前に自身のパソコンやスマートフォンで、順天堂医院で配付されるQRコードから後払い申請画面にアクセスし、診察券番号やクレジットカード情報、メールアドレスなどを登録する簡単な申請手続きで、即日から利用できます。2019年3月18日から登録可能となります。
・クレジットカードによる料金後払いのため、現金の持ち合わせがなくても受診が可能です。
・現金払いに抵抗のある外国人患者さんが「料金後払いシステム」を利用しやすいように、英語、中国語、韓国語にも対応します。

(2)順天堂医院のメリット
・富士通の医事会計システム「HOPE X-W」と連携することで、これまで人が処理していた入金確認や入金消込などの管理作業を自動化し、会計事務業務の大幅な効率化を実現します。
・従来は会計窓口で発行していた領収書と診療明細書を、無人端末で発行できます。
6 件