NEWS

日本×サウジアラビア×HAL!

CYBERDYNE株式会社(以下、CYBERDYNE)が、サウジアラビアに本社を構えるアブドゥル・ラティフ・ジャミール社とビジネスパートナーシップを締結した。
サウジアラビア有数の国際企業で、日本の優れた技術や商品を中近東、北アフリカやトルコに広めていて、医療機関も有するアブドゥル・ラティフ・ジャミール社が、神経や筋に疾患をもつ人向けの医療機器「HAL」を展開するCYBERDYNE社と協働することになった。
HALはどうやって動くの?

HALはどうやって動くの?

①歩きたいと考えること、②信号を受け取り、筋肉が動くこと、③信号を、HAL®が読み取ること、④思い通りに、HAL®が動くこと、⑤脳が、動きを学習すること

「サウジアラビア・ビジョン2030」

サウジアラビアは、交通事故による脊髄損傷で後遺症を抱える患者が、サウジアラビア保健省によると2015年だけで1万3千人増えたとされている。

これは2016年の4月に2030年に向け、サウジアラビア政府がうち出している「サウジアラビア・ビジョン2030」において掲げられている「国民生活の福祉の向上」を実現する上でも、個別的に重大な課題とされていた。

VIEWS

いま、大注目のCYBERDYNE社のHALが、サウジアラビアでも使われることになる。このHALは国内では一般の公的医療保険が適用されるようになっているし、ドイツでも使われるようになった。

今回のパートナーシップの締結は、経済的な面はもちろん「福祉の向上」という面でも意義が期待できるものとなっている。サウジアラビアで深刻に受け止められている社会問題の解決に役立つこととなったら、日サウジ友好の一助となることも望めるものだろう。

世界初のロボット医療機器がレンタル開始 PULSE

世界初のロボット医療機器がレンタル開始    PULSE
CYBERDYNE株式会社は、8月16日に世界初のロボット治療機器「HAL®」を8月下旬からレンタル開始すると発表した。
参考:
『サウジアラビア・ビジョン2030』ーhttp://vision2030.gov.sa/SVpdf_jp.pdf
CYBERDYNE社とAbdul Latif Jameel社がビジネスパートナーシップを締結 ー http://www.cyberdyne.jp/wp_uploads/2017/03/170314_press_j.pdf
11 件