NEWS

エーザイ株式会社は、韓国における子会社であるエーザイ・コリア・インクが、パーキンソン病治療剤「エクフィナ® 」(一般名:サフィナミドメシル酸塩)を発売したことを発表しました。

韓国におけるパーキンソン病の患者様数は約15万人と推計されています。パーキンソン病は、既存の薬剤では十分に症状のコントロールができない場合があることから、あらたな治療選択肢が必要とされており、韓国においては希少難治性疾患に指定されているアンメット・メディカル・ニーズの高い疾病と言えます。

韓国におけるエクフィナの承認は、運動症状の日内変動を有するパーキンソン病患者様を対象に海外(韓国を含む)で実施された、レボドパ併用下においてサフィナミドを1日1回24週間経口投与したときの有効性・安全性をプラセボと比較した二重盲検臨床第Ⅲ相試験(SETTLE試験)等の成績に基づくものとなっています。

エーザイは、エクフィナについて、Meiji Seikaファルマ株式会社とのライセンス契約に基づき、日本において、製造販売元として販売を行っています。アジアにおいては、独占的開発・販売権を有し、台湾で新薬承認申請中で、その他の国においても申請に向けた準備を進められています。
2 件