NEWS

大塚製薬から「レキサルティ」登場

大塚製薬株式会社が、統合失調症の治療薬として「レキサルティ錠®1mg、同2mg 」の国内における製造販売承認を1月19日に取得したことを発表しました。

この薬剤は大塚製薬がつくりだした化合物で、ドパミンD2受容体およびセロトニン5HT1A受容体に強く結合してパーシャルアゴニストとして働き、セロトニン5HT2A受容体にはアンタゴニストとして働くSerotonin-Dopamine Activity Modulator(SDAM)と呼ばれる新しい作用機序があるとされています。

効果など

統合失調症は、考えや気持ちがまとまらなくなる状態が続く精神疾患とされています。幻覚、妄想、思考障害、感情の平板化、意欲の欠如などの症状が現れ、結果として社会生活や就業が困難となります。思春期から40歳くらいまでに発病し、長期にわたる治療が必要になることがあります。

しかし、病識の欠如や、アカシジア、鎮静、体重増加等の副作用により服薬の継続が難しくなることで再発につながります。そのため、より安全性や忍容性の高い薬剤が求められてきました。

国内外の臨床試験においてレキサルティは、急性期の統合失調症患者に対して有効であり、長期投与においても効果が確認されました。また、大塚製薬は服薬継続に影響を与える要因として考えられるアカシジア、鎮静、体重増加等の有害事象の発現割合は低いことが確認されたとしています。
5 件