NEWS

メディテック市場は2021年までに50兆円以上に

リサーチ会社のEvaluateは、医療機器やテクノロジーのマーケット規模が2021年までに5000億ドルを優に越すだろうとの見立てが発表された。(http://www.evaluategroup.com/public/Reports/EvaluateMedTech-World-Preview-2016.aspx )
 (8021)

Evaluateによる報告では、世界的な医療機器やテクノロジーの成長は2022年までに1年間あたり5%またはそれ以上の勢いで拡大し、53兆円近くまでいくだろうといわれる。 マーケット情報分析を手がけるEvaluateMedTechのプロダクトマネージャーであるIan Stricklandは、今週ミネアポリスで行われた米国先進医療技術工業会のMedTeach定時総会において「革新的な技術を生む源であるスタートアップ期の会社が頼る小さな買収が再興している。」と発表した。

景気の悪化に反しての成長

近年は、巨大な医療機器メーカーの大半の売上は横ばいか低迷しており、2014年から2015年にかけて、MedTech分野の巨大会社の20社中12社がマイナス成長だという。

そして、そのせいで投資家からの企業合併へのプレッシャーが高まり、加えて保険会社と政府の健康プログラムが医療機器に費やす予算を削減しているため、コスト削減が行われている。

またこの上半期、企業合併や買収は前年と比べて80%低下し、1.7兆円規模だとEvaluate社はいう。今年の企業合併のペースは、コヴィディエンを買収後、メドトロニックが約3兆円という巨大会社にまで成長することとなった、「大型合併の嵐」と呼ばれる勢いとはかなり違っている。

「医療機器産業はほどよく急速に成長し、M&Aのペースは遅くなっても、これは予想されている成長を止めはしない。」とEvaluateMedTechのStricklandは語っている。
7 件