NEWS

 アステラス製薬株式会社が、アメリカのがん免疫関連バイオテクノロジー企業Potenza Therapeutics, Inc.との間で2015年に締結した独占的共同研究開発契約に基づきPotenza社を買収する独占的オプション権を行使し、米国東部時間12月13日にアステラス製薬による買収手続きが完了したことを発表しました。

Potenza社との提携により創出した臨床段階にある複数の新規がん免疫療法プログラムは、アステラス製薬が保有する既存のがんプログラムとの併用療法や、新たながん免疫療法プログラムとの併用療法の開発につながる可能性があるとされます。

 アステラス製薬の代表取締役社長CEOの安川健司は、
「本買収は、最先端の科学、技術を取り込み、患者さんに価値をもたらす革新的な医薬品を創出していくというアステラス製薬の戦略に基づく取り組みです。私たちは、新たな作用機序やモダリティを用いて、がん領域のアンメットメディカルニーズを満たすための研究開発に注力しています。Potenza社と創出した新規がん免疫療法プログラムは、既存のがん免疫療法では十分な効果が得られなかった患者さんにとって新たな治療選択肢となる可能性があります」と述べています。

過去3年半にわたる共同研究開発提携により、アステラス製薬とPotenza社は、免疫刺激、免疫チェックポイント阻害および制御性T細胞機能をターゲットとする、以下の3種類の新薬候補プログラムを創出されました。

* 抗TIGIT抗体(免疫チェックポイント阻害薬)ASP8374/PTZ-201および抗NRP1抗体(Treg機能阻害薬)ASP1948/PTZ-329:第I相試験実施中

* GITR作動性抗体(T細胞プライミングおよび共刺激)ASP1951/PTZ-522:新薬臨床試験開始申請が承認された
2 件

関連記事